address_top
鳥取大学医学部附属病院
卒後臨床研修センター

〒683-8504米子市西町36番地1
TEL 0859-38-7025
FAX 0859-38-6974
トップページ > 卒後臨床研修センターのご紹介

卒後臨床研修センターのご紹介

卒後臨床研修センターのご紹介

理念と目標

到達目標
医師としての自覚を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する疾患や病態に適切に対応できるために、プライマリーケアの基本的診療能力(態度、技能、知識)を身につける。
行動目標
  1. 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立する。
  2. チーム医療の構成員としての役割を理解し、医療・福祉・保健の幅広い職種からなる他のコメディカルメンバーと協調する。
  3. 問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
  4. 患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画する。
  5. 患者ならびに家族との信頼関係を構築し、診断治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施する。
  6. チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な症例呈示と意見交換を行うようにする。
  7. 保健・医療・福祉の各側面に配慮しつつ、診療計画を作成し、評価ができるようにする。
  8. 医療の持つ社会的側面の重要性を理解する。
経験目標
必修科目プログラム、選択必修科目プログラム、選択科目プログラム、プレローテーションカリキュラム、総合プログラム等を用いて
(ア)経験すべき診療法、検査の手技
(イ)経験すべき症状・病態・疾患
(ウ)特定の医療現場の経験などの新医師臨床研修制度で定められている経験目標


ページのトップへ

センター長挨拶

卒後臨床研修センター長
(専門分野:整形外科)
永島 英樹
皆さんは、どんな医師をめざしていますか?
あらゆる疾患でも診断できる医師、地域で信頼されるプライマリー・ケア医、世界で名の知れた外科医、一流の研究も行うアカデミック・ドクター、ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい医師などいろいろな夢や希望を持っているかと思います。なかには、そんなこと医師になったばかりでまだわからないという人もいるでしょう。
鳥取大学医学部附属病院では、このような皆さんの多様化する夢をかなえることができます。本院は、大学病院という顔と市立病院のような顔をもつユニークな病院です。すなわち、先端医療や高難度医療を行う一方で、多くのcommon diseaseも扱っています。医師になってからの2年間は、どのような夢を持つにしても、幅広い知識を身につけることが大切です。そして、その夢を見失わないように、若いときからその夢に即した医療に触れることも重要です。そういった意味では、当院はベストの病院です。将来像がまだないという人も心配要りません。多様性のある本院で研修すれば、きっと自分の夢が見つかります。
研修医の皆さんをしっかりとサポートする体制が整った当院で、自分の夢をかなえるプロセスを歩み始めてみませんか。


ページのトップへ

副センター長からのメッセージ

卒後臨床研修センター 副センター長
(専門分野:呼吸器内科)
井岸 正
新専門医制度が始まろうとしています。新しい制度の導入という変化に対しては、えてして不安や懸念がつきまとうものですが、研修を受ける側からはチャンスととらえることが出来ます。以前から後期研修という言葉はありましたが、初期研修のように明確な位置付けはなされていませんでした。今後は、臨床を志す医師は初期研修の終了の後には、専門分野を決めて、専攻医として専門医研修を行うことになります。そこでは事前に提供されるプログラムを吟味し、自らの希望に合致するコースを選択することが出来ます。
一言で臨床医といっても多彩なキャリアパスがあります。地域医療への貢献、高度な先進医療の探求と実践、研修医としてのアカデミズムの追求など多彩な希望を持ち、それを叶えることが出来ます。医師としての人生には大きな可能性と選択肢があると言われています。医学部生や若い医師には近視眼的にならず、是非とも医師としての将来展望や夢を持ち、自分の進むべき道を選んでいただきたいと考えています。
医師の卒後教育は初期研修、専門医研修、生涯学習と進んでいきますが、これはどのような専門分野を選択しても普遍的なものであります。鳥取大学医学部附属病院は連携施設と共に、若い医師の研修に対する多彩な希望に応えることのみならず、未来の可能性を広げることを考えています。初期研修や専門医研修期間だけでなく、その先もみすえて鳥取大学での研修をしてみませんか。


卒後臨床研修センター 副センター長
(専門分野:皮膚科)
山田 七子
当院卒後臨床研修センターの初期研修プログラムでは、地域の医療機関・医師会・鳥取県との連携や支援体制のもと、「自由選択」「たすきがけ」「各専門領域集中」の多彩なプログラムを選択していただけます。現在、鳥大病院では診療科の枠を超えて高度な医療を横断的に行う体制づくりがすすめられています。例えば、ロボット手術を核とした「低侵襲外科センター」による安全で先進的な医療への取組み、「次世代高度医療推進センター」を中心とした高度な医療機器の研究開発や創薬および人材育成の取組みなどです。また、“働きやすさトップクラス”実現のための「ワークライフバランス支援センター」を通じて全病院職員の働きやすさ・キャリア継続支援の効果的な推進に取り組んでいます。医師としての“最初の2年”は大切な時期です。未来の医療・未来の医療人をみすえた鳥大病院と協力病院での初期研修プログラムに是非参加して下さい。皆さんが多くの先輩医師や医療スタッフと共に医療にかかわり、医療人としての目的や夢を自分自身で見いだしながら、3年目、その先へと続く医師のキャリアを積み重ねていけるよう応援します。


ページのトップへ

卒後臨床研修委員

氏名 所属
○卒後臨床研修センター長/副病院長(教育担当)
 山本 一博 第一内科診療科群 
○副センター長/研修プログラム責任者
 中村 廣繁 胸部外科診療科群
 山田 七子 卒後臨床研修センター
○研修プログラム責任者
 兼子 幸一 精神科
 神崎 晋 小児科
 原田 省 女性診療科
 本間 正人 救急科
 領家 和男 歯科口腔外科
○内科系診療科長 2名
 加藤 雅彦 第一内科診療科群
 宗村 千潮 腎臓内科
○外科系診療科長 2名
 武中 篤 泌尿器科
 西村 元延 心臓血管外科
○診療施設等の長 2名
 荻野 浩 リハビリテーション部
 近藤 博史 医療情報部
○副看護部長
 佐々木 佐登美 看護部長
○診療施設部に所属する医療系技術職員
 金田 達也 薬剤部
 野上 智 検査部
○総務課長
 源 憲治 事務部総務課
ページのトップへ

センター教員      


氏名

職名   

所属    
○センター長
 山本 一博 教授 第一内科診療科群

○副センター長
 中村 廣繁 教授 胸部外科診療科群
 山田 七子 准教授 卒後臨床研修センター

○教員
 西村 玲 助教 卒後臨床研修センター
 谷口 晋一 教授 地域医療学
 衣笠 良治 助教 第一内科診療科群
 岡野 淳一 講師 第二内科診療科群
 山崎 章 講師 第三内科診療科群
 岩田 正明 講師 精神科
 河場 康郎 助教 小児科
 原田 真吾 助教 心臓血管外科
 蘆田 啓吾 講師 第一外科診療科群
 榎田 誠 講師 整形外科
 谷口 文紀 講師 女性診療科群
 田原 誉敏 助教 放射線診療科群
 森山 直樹 助教 麻酔診療科群
 本間 正人 教授 救急科
 安井 建一 助教 神経内科
 岡崎 哲也 助教 脳神経小児科
 小谷 勇 准教授 歯科口腔外科
 石橋 美名子  助教 脳神経外科